低用量ピルが避妊に効果的なわけ

低用量ピルには女性ホルモンである黄体ホルモンが含まれています。
黄体ホルモンには3つの働きで確実に避妊を防いでくれる効果があります。

① 卵巣の働きを抑える

女性は排卵日が近づくと卵胞ホルモンが分泌を始めます。卵胞ホルモンとは女性ホルモンの一種で妊娠し易い体づくりをしてくれるホルモンです。
ですので排卵日の前後はこの卵胞ホルモンの影響でとても妊娠し易いのです。

しかし、低用量ピルを飲み続けることで低用量ピルに含まれている黄体ホルモンが卵巣の働きを制御する効果があります。

卵巣の働きが抑えられると排卵をしなくなります。排卵がされなければ、精子が卵子と受精ができなくなるので妊娠をすることができなくなるのです。

② 子宮内膜の増殖を抑える

子宮内膜は排卵日になると卵胞ホルモンの影響によって厚くなり膜を増殖させます。
子宮内膜が厚くなることで受精卵が子宮内膜に着床することで妊娠が成立します。

しかし低用量ピルを服用していることで万が一排卵が行われても子宮内膜が十分に厚くなっていなければ、受精卵が着床することができずに妊娠をすることができないのです。

③ 膣内の粘液を減少させる

膣内の粘液を減少させることで精子が子宮内へ侵入することが難しくなります。
そのため、受精がされず妊娠する確率も少なくなるのです。

服用の際の注意点

低用量ピル服用の際の注意点
低用量ピルは飲み方をしっかり守れば妊娠を防ぐ効果があります。低用量ピルの効果は服用を始めてから7日ほどで避妊への効果が現れます。
しっかり毎日決まった時間に服用することが大切です。
また、低用量ピル1錠の効果は24時間ほどです。ですので服用をやめればいつでも妊娠することが可能です。

逆にいえば妊娠を防ぎたいのであれば毎日同じ時刻に服用することを欠かしてしまうと妊娠する可能性もあるということです。
より確実に避妊をしたいのであれば、コンドームと併用することで飲み忘れをしても確実に避妊ができるでしょう。