2つの契約

自分が希望した金額で不動産を買取して貰うには、やはり先ほど紹介した媒介契約が一番の方法と言えます。
そんな媒介契約なのですが、契約の形から2つの契約方法を選択することができ、その中から自分の現状について最適な買取方法を選択することが出来るのです。
あなたは、2つの中からどの契約を選択しますか??媒介契約の、2つの契約方法についてご紹介したいと思います。

◇1社のみに・・・。
複数の不動産業者では無く、1社のみに買主を探して貰う契約方法を、「専属専任媒介」と呼びます。選択する業者は1社のみとなりますから、その分物件の所有者に有利な条件になるように、買主探しに全力を注いでくれます。買主が見つかれば自社にも利益は上がるのですし、依頼主にもお金が入るので、お互いにとって有利な選択肢なのが、この専属専任媒介なのです。
ただし、この専属専任媒介で契約を結んだ場合、もし後でもっと高く買取してくれる業者が現れたとしても、キャンセルすることはできませんので、(しても違約金が発生する)事前に十分に他の業者と買取金額の差が無いかをチェックすることが大切だと言えるでしょう。

◇複数社に・・・。
1社だけだと、もしものことがあるかも知れない・・・。そういった不安を抱く方には、複数の不動産会社に依頼出来る、一般媒介がオススメです。
複数の不動産会社が買主探しに力を注ぎますから、見つかるスピードは専任媒介よりも圧倒的に早いかも知れません。ただし、複数社と契約していることから、買主探しに「全力」を注いでくれるかと言われれば、それはNO。人気のある物件なら競争して相乗効果が生まれるかも知れませんが、そうでもない物件の場合は、買取金額にはあまり期待出来ない場合も・・・。

Search
アーカイブ
カレンダー
2017年3月
     
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
カテゴリー
  • カテゴリーなし